ホーム > 淋病

淋病

淋病

男性は排尿時に激痛があり、女性は不妊症の原因に。

淋菌感染症(淋病)は、淋菌の感染で発症する病気です。
男性は尿道炎、女性は子宮頸管炎を起こします。
放置すると、男性は精巣上体炎、女性は卵管炎、腹膜炎、肝周囲炎を起こします。

通常の性行為やオーラルセックスによって感染しますが、1回の性行為で感染する割合は約30%と感染力が高く、クラミジアと同様に咽頭にも感染します。

症状
症状

感染の機会があって症状が出るまでは2~7日です。
女性は膿のようなオリモノが増えることもありますが、一般には自覚症状がありません
男性は自覚症状がはっきりし、尿道炎による激しい排尿痛があります。

しかし、咽頭に感染した場合は症状が少なく、検査によってわかることがほとんどです。

検査
検査

男性は問診と尿検査を行います。
黄色い膿のようなものがあり、排尿時に痛みがあれば、淋病であると診断されます。

女性は問診と、子宮頸管からの分泌物採取を行って検査します。
喉の検体はうがい液で行います。

治療
治療

抗菌薬を服用します。
尿道炎や子宮頸管炎は1回注射をすることで治るケースが多いです。

淋病は放置して治ることはありません。
また、不妊症になる可能性もあります。

泌尿器科専門医の性病・EDガイド 監修医院:成田クリニック 電話番号:06-6711-0233